存在論日記2007年/ 11月

存在論日記:2007年11月

目次

神学と数学

神学と数学との間には類似性があると私は考えている。

神学は、「神は存在する」という命題を含んでいる。 それは反証可能性を持たない命題であり、したがって、 神学は少なくとも自然科学ではない。 しかし、だからと言って神学は学問ではないとまでは言えない。 神学というのは数学と同様に、 公理系から演繹された定理から構成される理論について 研究する学問であって、 そこでは公理の根拠というものは問われないのである。

神学の公理系というのは、 「神は存在する」とか「神は万物を創造した」というような、 神と被造物をめぐる命題から構成されている。 キリスト教の神学の場合は、 聖書が公理系であると考えることができる。

このように神学と数学との間に類似性があると考えているのは、 私だけではないと思われる。 たとえば、金田一輝さんは、 「余はいかにしてカトリシストとなりしか」[1]という ブログエントリーの中で次のように書いている。

数学者が数学公式に美を感じるのと似た感覚であると思うが、 私はカトリックの教義体系に美しさを強く感じたのである。

金田さんはおそらく、 神学と数学との間にある類似性に気付いた上で、 このように述べているのであろう。

ところで、金田さんは、 「カトリックの教義体系に美しさを強く感じた」と書いている。 しかし、「美しさ」という観点から見た場合、 キリスト教の神学には少しだけ不満足なところがある。 それは、聖書には比喩が多用されているため、 その解釈が一義的ではないというところである。 数学的な美しさというものは、 一義的にしか解釈できない言葉で語られることによって 成立するものである。 もしも聖書が、 多義的ではない厳密な言葉で語られていたとするならば、 キリスト教の神学は、 数学に比肩し得る美しさを持つ体系となっていたであろう。

共存型一神教の教典である「共存型一神教標準教義」[2]は、 比喩というものをほとんど使わずに記述されている(日本語という 自然言語が使われている以上、 隠喩的な表現から逃れることは不可能であるが)。 したがって、もしも遠い将来、 それを公理系とする神学が構築されたとするならば、その神学は、 少なくとも「数学的な美しさ」という点においては キリスト教の神学を凌駕するものとなるのではないか、 と私は期待している。

しかし、比喩を使わずに書かれた教典というものは、 理解することが困難である。 布教という観点から見た場合、 教典が難解であるというのは大きな阻害要因である。 今後の課題として、 共存型一神教の教義について分かりやすく解説する 第二の教典を書くことも、 検討してみる必要がある。

[1] http://defencecatho.seesaa.net/article/57768769.html
[2] http://www.monotheism.jp/dogma/

物語型と図鑑型

「子どもは変わる・大人も変わる― 人間発達の可塑性を支える神経学的基盤―」 という講演に関するメモ。

日時は2007年11月10日(土)13:45〜15:14、 場所は甲南大学甲友会館、講師は内田伸子さん。

内田さんの講演の骨子は次のようなものである。 「子どもは、幼児期に虐待を受けると、 海馬や扁桃体が萎縮するため、 外言的コミュニケーションや対人的適応の発達が阻害される。 しかし、人間の発達には可塑性があり、 それは全生涯を通じて継続されるものである。 また、最近の研究で、 思春期には大脳皮質の厚みが増すという発達があることが 明らかにされた」

私が興味を覚えたのは、講演の本題ではなく、 次のような短い挿話である。 「向井美穂さんという人が、 生後11ヶ月の赤ちゃんとそのお母さん100組を被験者として、 親子で遊んでいるときに犬型のロボットを赤ちゃんのそばに置く、 という実験をした。 その結果は、お母さんの顔を見上げた赤ちゃんが62名、 お母さんを見上げることなくロボットに興味を示した赤ちゃんが 38名だった。 気質(対人対物システム)には 「物語型」と「図鑑型」という類型があって、 お母さんの顔を見上げた赤ちゃんは物語型、 ロボットに興味を示した赤ちゃんは図鑑型である。 赤ちゃんが少し成長したのち、獲得した語彙を調査してみると、 物語型の子どもは挨拶や感情表現の語彙が6割を占めたのに対して、 図鑑型の子どもは95%が名詞だった。 物語型の子どもは人間関係に敏感で、 図鑑型の子どもは物の因果的なつながりに興味を持つ」

私たちはしばしば、 出身学部が文科系であるか理科系であるかという基準で 人間を分類して、 それぞれの類型の気質(思考パターンや行動パターン)について 論ずる言説を耳にする。 しかし私は以前から、 そのような言説に対して何か腑に落ちないものを感じていた。 そもそも、 出身学部が文科系であるか理科系であるかということによって 決定されるのは知識や能力の類型であって、 気質の類型ではない。

「文科系的な気質」や「理科系的な気質」 という類型が存在することは理解できる。 そして、 それらの類型と出身学部との間に 相関関係があるというのも事実であろう。 しかし、その事実から、 修めた学問の性質が人間の気質に影響を与えるという結論を 導き出すことはできないように思われる。

実のところは、「文科系的な気質」というのは物語型のことで、 「理科系的な気質」というのは 図鑑型のことなのではないだろうか。 つまり、それらの類型は、大学へ進学するよりも遥か以前、 生後11ヶ月で決定されているものであって、 修めた学問が文科系であるか理科系であるかということによって 左右されるものではないのではないかということである。

知識や能力の類型と気質の類型とは、 互いに独立したものであると考えることができる。 したがって、人間は、 知識や能力の類型と気質の類型とのマトリックスによって、 (1)文科系物語型、(2)文科系図鑑型、(3)理科系物語型、 (4)理科系図鑑型、という四つの類型に分類することができる。 ただし、気質というのは、 入学する学部の選択を左右する要因の一つであるため、 (1)と(4)は多数派を形成し、(2)と(3)は少数派を形成する。

(2)または(3)に所属するアンビバレントな人々というのは、 果たして社会にとって必要不可欠な機能を担っていると 言えるのだろうか。 そうであってほしいと、(2)に所属する人間の一人としては、 願わずにいられない。

存在論日記2007年/ 11月
Last modified: Wednesday, 2 June 2010
Copyright (C) 2007-2010 Daikoku Manabu