存在論日記2008年12月/ 宗派分裂のメカニズム

宗派分裂のメカニズム

「中東について知っておくべきほんのささいな10のこと」*1 というリストがGIGAZINEで紹介されていた。 元ネタは、 Daniel Miesslerさん*2が書いた "10 Facts Every Westerner Should Know About the Middle East"*3というブログエントリーである。

Miesslerさんによるリストの4番目は、 次のような項目である。

Shia Muslims are similar to Roman Catholics in Christianity. They have a strong clerical presence via Imams and promote the idea of going through them to practice the religion correctly. Sunni Muslims are more like Protestant Christians. They don't really focus on Imams and believe in maintaining a more direct line to God than the Shia.
シーア派のムスリムたちは キリスト教のローマ・カトリック教徒たちに似ている。 彼らは、 イマームたちに通じている強力な聖職的存在を持っており、 宗旨を正しく実践するためには 彼らから承認を得るべきであるという考えを推進する。 他方、 スンナ派のムスリムたちは プロテスタントのキリスト教徒たちに似ている。 彼らは、イマームたちをあまり重視せず、 シーア派のムスリムたちよりも直接的な結びつきを 神との間で保っていると信じている。[拙訳]

シーア派のムスリムたちが持っている とMiesslerさんが述べている、 「イマームたちに通じている強力な聖職的存在」 (a strong clerical presence via Imams)というのは、 いったい誰のことなのだろうか。 単数形で書かれているという点で疑問が残るが、 イスラーム法学者たちのことだ と解釈するのが自然であると思われる。 内藤正典さん*4も、 『イスラーム戦争の時代』の中で次のように述べている。

イマーム不在のあいだシーア派共同体を率いる権限は、 優れた学識を持つイスラーム指導者に委ねられた。

そのためシーア派では、 イスラーム法学者のあいだに上下の階級があり、 高位の指導者の見解が優先される。 このシステムは、階級性をもつカトリック教会に似ている。*5

シーア派とスンナ派はイスラームの二大宗派であり、 カトリックとプロテスタントはキリスト教の二大宗派である。 Miesslerさんや内藤さんが述べているのは、 イスラームとキリスト教とで、それぞれの二大宗派が、 指導者たちの聖職的な権威を認めるか否か、 という類似した対立軸を持っているということである。

釈迦の入滅から約100年後、仏教は、上座部と大衆部に分裂した。 この分裂の対立軸もやはり、 指導者たちに聖職的な権威を認めるか否かである と言ってよいであろう。 すなわち、上座部というのは、 戒律の厳守を主張する長老たちの聖職的な権威を認める宗派であり、 大衆部というのは、長老たちの権威を認めず、 一般の比丘たちによる戒律の修正を許す宗派である。

シーア派とスンナ派、カトリックとプロテスタント、 そして上座部と大衆部に共通するこのような類似は、 まったくの偶然によるものではなく、 ある程度の必然性にもとづくものであるように思われる。 すなわち、どのような宗教においても、 その内部には聖職的な権威をめぐる対立が常に存在していて、 その対立が、 宗教を宗派に分裂させる 最大の要因となっているのではないだろうか。

*1 http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081126_10_facts_about_middle_east/
*2 http://dmiessler.com/about/
*3 http://dmiessler.com/blog/10-facts-every-westerner-should-know-about-the-middle-east
*4 http://www.global-news.net/
*5 内藤正典『イスラーム戦争の時代―暴力の連鎖をどう解くか―』 NHKブックス1057、日本放送出版協会、2006、pp. 31-32。
存在論日記2008年12月/ 宗派分裂のメカニズム
Last modified: Tuesday, 9 December 2008
Copyright (C) 2008 Daikoku Manabu